四天王寺大学

トップページ  ::  講座一覧 ::  講座詳細
<<講座一覧に戻る

【C】 たいし塾【C】 「聖徳太子絵伝」とその絵解き -―聖徳太子の何を伝えたかったのか―-

電話にて受付中

実施日 2023/02/04
曜日
時間 13:30~15:00
定員 55 名
授業回数 1 回
受講料 0円
キャンパス 大学キャンパス

講座の説明

テーマ:『聖徳太子ゆかりの寺院と芸能』 

(概要)
日本に仏教を導入された聖徳太子への信仰とその思想は、日本の歴史や文化の中に連綿として受け継がれてきました。夏の「たいし塾」の講座では、聖徳太子信仰や聖徳太子の思想が今日まで受け継がれた歴史的背景について学んできました。今回は、そうした太子信仰が具体的に示される場であるゆかりの寺院の仏教芸術や、仏教芸能について学びたいと思います。昨年度から継続されてきたさまざまな聖徳太子1400年御聖忌行事も、めでたくフィナーレの時期を迎えようとしています。そうした時期にふさわしく、この講座でも祝祭的な要素を中心に取り上げます。

【C】聖徳太子の生涯を絵で描き、障壁画や掛け軸、巻物などで表現した「聖徳太子絵伝」についての概説をふまえて、四天王寺大学において学芸員課程を履修している学生による「聖徳太子絵伝」に関する展示(学生による解説付き)を御覧いただき、その後、四天王寺聖霊院絵堂の壁画「聖徳太子絵伝」のレプリカで、四天王寺よりお越しいただく僧侶による絵解きを拝聴します。(ただし、絵解きは、完全版だと90分ほどかかりますので、30分程度に短縮したものをお聞きいただきます。)  

講師紹介

南谷 美保 / 四天王寺よりの絵解きご担当の僧侶の方 / 本学学芸員養成課程修了予定学生 南谷 美保 / 四天王寺よりの絵解きご担当の僧侶の方 / 本学学芸員養成課程修了予定学生(ミナミタニ ミホ ジテンノウジソウリョ/ホンガクガクセイ)

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2023/02/04(土) 南谷 美保 / 四天王寺よりの絵解きご担当の僧侶の方 / 本学学芸員養成課程修了予定学生

電話にて受付中

ページの上部に戻る