四天王寺大学

トップページ  ::  講座一覧 ::  講座詳細
<<講座一覧に戻る

【011OL】 河内における懐徳堂と泊園書院の活動 ≪オンライン講座≫ -天皇陵、釈奠(孔子祭典)、漢詩 申込受付フォームはこちら-

開講中止

実施日 2022/02/21 ~ 2022/03/07
曜日
時間 11:00 ~ 12:30
定員 30 名
授業回数 3 回
受講料 3,600円
キャンパス オンライン

講座の説明

大阪を代表する漢学の学校である懐徳堂と泊園書院。両校の共通点に河内での活動があります。懐徳堂の並河寒泉は河内の天皇陵の治定に貢献しました。泊園書院の藤澤南岳は所蔵していた孔子像を道明寺天満宮に寄託して以後、今も釈奠(せきてん=孔子の祭典)が受け継がれています。また泊園門下で藤井寺の豪農・実業家の岡田松窓は、多くの漢詩を残した漢詩人でもありました。幕末から明治大正の河内文化の一端を覗いてみましょう。
申込受付フォームはこちら

講師紹介

矢羽野 隆男[やはの たかお] 矢羽野 隆男[やはの たかお](ヤハノ タカオ)

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
1 2022/02/21(月) 矢羽野 隆男[やはの たかお]
2 2022/02/28(月) 矢羽野 隆男[やはの たかお]
3 2022/03/07(月) 矢羽野 隆男[やはの たかお]

備考

申込受付フォームはこちら

開講中止

ページの上部に戻る